ソニー銀行カードローンの手続き方法は?

ソニー銀行カードローンの申込み審査方法は?!

電話女

 

24時間受付、最短60分で仮審査完了

 

パソコンやスマートフォンからの申込みなので、24時間審査申込みを受け付けています。

 

ソニー銀行に口座がない人でも、サイトにアクセスしてカードローン申込み画面から仮審査申込みの必要事項を入力して送信すれば完結です。

 

送信後、最短60分で登録したメールアドレスに結果が送信されてきますが、申込みの受付時間や審査状況によっては連絡が翌日以降になる場合があります。

 

 

口座開設手続き

 

仮審査に合格していれば、ソニー銀行に口座を開設する手続きをします。

 

口座開設までには時間がかかるため、ソニー銀行カードローンは、初回の融資に限っては他行の口座に振り込み融資をしてくれます。

 

この「初回振込みサービス」を希望する人は、振込み指定口座の預金通用かキャッシュカードのコピーと本人確認資料のコピーを送る必要があります。

 

すでに口座を持っている人は、手続きの必要が無く即日借り入れることができます。

 

 

在籍確認と本人の意思確認

 

このタイミングで勤務先に在籍確認の電話が入ります。

 

ソニー銀行カードローンの本審査を担当しているのはアコムなので、恐らく個人名で電話がかかってくると思われます。

 

又、本人にも申込みの意思確認の電話が入ります。

 

 

本審査の結果メールで完結

 

最短で翌日には、登録したメールアドレスに本審査結果が送信されてきます。

 

必要書類を郵送した場合は、書類到着後の返答になりますので時間がかかってしまいますからFAXの方がベターです。

ソニー銀行カードローンとは?

ランキング

ソニー銀行0004

申し込み


ソニー銀行カードローン記事一覧

「借りやすくて返しやすい」がコンセプトのソニー銀行カードローンですが、申込時に知らないと手間取ってしまう落とし穴があります。ここでは、事前に知っておくべき注意点を整理しておきましょう。申込みはネットだけソニー銀行は店舗を持たないネット銀行です。ですから、パソコンやスマートフォンなどのネット環境を持たない人は申し込むことができません。他行のように電話や郵送という申し込み方法はありませんので、気を付け...

ソニー銀行カードローンは、仮審査に合格すると必要書類を提出する場合があります。まず、どんな場合に提出が必要になるか説明します。初回振込みサービスを利用する場合ソニー銀行カードローンでは自動契約機が導入されていないので、同行に口座が無い人はキャッシュカードが郵送されてくるのを待たなければなりません。しかし、カードローンを初めて利用する人は「すぐに借りたい」という状況が多いので、ソニー銀行では「最初の...

ソニー銀行カードローンの返済方法は、毎月の約定返済日にソニー銀行の口座から自動引き落としされる方法と都合の良いときに提携ATMから返済する方法があります。選べる指定返済日月に1回自動で引き落とされる約定返済については、2日、7日、12日、17日、22日、27日のいずれかから選択できます。ですから、利用者の給料日に合わせた返済日が指定できるので安心ですね。返済額も利用残高によって決められており、1回...

どんなに優れた金融サービスでも、人によってデメリットと感じる点はあると思います。20115年に生まれ変わったソニー銀行カードローンでも、使いにくさを感じる人はいると思います。しかし、デメリットも上手く対応できれば気にならなくなると思います。在籍確認の電話が必ずある会社員の人は、在籍確認と聞いて憂鬱になる人が多いのではないでしょうか?まして、カードローンの審査ということがバレたらと思うとイヤな気分で...

カードローン市場で最低水準の金利ソニー銀行カードローンは一時期サービスが中止されていましたが、2015年に再開されました。中止前は、限度額300万円、実質年利が6.5%〜12.0%と超低金利でしたが、再開後は限度額800万円、実質年利が2.5%〜13.8%と改変が加えられました。庶民が借りられる金利は1.8%ほど上がりましたが、それでも最低水準金利であることには変りありません。一般的に、どのカード...

利用限度額の比較まず、融資金額は10万円から800万円です。三菱東京UFJ銀行のバンクイックは融資限度額500万円、オリックス銀行と三井住友銀行カードローンが800万円、みずほ銀行カードローンが1,000万円ですから良い範囲ではないでしょうか。実質年利はどう??実質年利ですが、ソニー銀行カードローンでは年2.5%から13.8%です。他行と比べてみますと、バンクイックが年4.6%から14.6%、オリ...