ソニー銀行カードローンのデメリットって?

ソニー銀行カードローンのデメリットを分析

携帯女性

 

どんなに優れた金融サービスでも、人によってデメリットと感じる点はあると思います。

 

20115年に生まれ変わったソニー銀行カードローンでも、使いにくさを感じる人はいると思います。

 

しかし、デメリットも上手く対応できれば気にならなくなると思います。

 

在籍確認の電話が必ずある

 

会社員の人は、在籍確認と聞いて憂鬱になる人が多いのではないでしょうか?

 

まして、カードローンの審査ということがバレたらと思うとイヤな気分ですよね。

 

ソニー銀行カードローンの本審査はアコムが担当していますので、恐らく個人名で「○○様はいらっしゃいますか?」という電話になると思います。

 

営業など外回り担当の人なら普通の電話という印象ですが、事務職の内勤専門の人では不自然と捉えられるかもしれません。

 

その場合は、事前に「ソニー銀行のカードを作るので在籍確認の電話が来ます」と周知しておきましょう。

 

カードと言っておけばクレジットカードだと思ってくれるでしょうし、ソニー銀行といえばクリーンなイメージなので怪しまれないと思います。

 

何より、ウソはついていませんから気が楽ですね。

 

 

必要書類の提出にネットが使えない!

 

これはネット銀行としては痛いですね。

 

インターネットがこれだけ普及してきた現在で、書類を提出するのに郵送かFAXしか使えないのはいかがなものでしょうか。

 

この点は、至急改善されるべき点です。

 

せめて、パソコンでスキャンして添付ファイルでメール受付くらいは対応して欲しいものです。

 

急いでいる場合はFAXに頼るしかなさそうですね。

 

しかし、書類の提出は本審査の1回だけなので、全体的に観れば大した問題ではないかもしれませんね。

ソニー銀行カードローンとは?

ランキング

ソニー銀行0004

申し込み