銀行カードローン審査ガイド

J.Score (ジェイスコア)の審査は厳しい?

急な出費で今すぐお金を借りたいけれど、高額な金利を払うのは嫌!そんな方にまずは結論から。日本初、AIスコア診断で最短審査・最短融資が可能なJ.Score(ジェイスコア)がおすすめです。AIが借入額や金利を判断しスコアアップにより金利が低くなったり、借入限度額が増えたりとより良い条件で借入することができる新しいサービスです。スマホで今すぐAIスコア診断が可能です。申込みから最短即日で借入もできます。jscoreはみずほ銀行とソフトバンクによるサービスですのでその点も安心です。

お急ぎの方は>>J.Score公式へ

J.Score (ジェイスコア)はWEB完結!最短即日融資も可能!

J.Score (ジェイスコア)


J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングで新しいお金の借り方して見ませんか?申込みから借入まで最短即日で可能!スコアアップで契約極度額(借り入れ枠)が増えたり、もっと低い金利で借りられることも!
ネット窓口はこちら

J.Score (ジェイスコア)のAIスコア・レンディングとは?


J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングはフィンテックを活用した個人向けの無担保融資です。

みずほ銀行とソフトバンクから誕生した、インターネットを利用して借り入れができるサービスとなっています。

簡単に説明するとJ.ScoreのAIスコア・レンディングは、今までのカードローン審査では聞かれなかった、個人の情報から人工知能のAIが審査を行います。

点数化される個人の信用力が高いほど、低金利で多額の借入が期待できます。

ここからは、J.ScoreのAIスコア・レンディングについて詳しく見て行きましょう。

J.Score (ジェイスコア)

smbc-gold_temp
J.Score_button

J.Score(ジェイスコア)の審査方法と審査基準は?


今までのカードローン審査というのは、信用情報や返済能力を重視して金利や利用限度額を決定していました。

ですが、J.Scoreの審査はAIによって将来を予測して金利や利用限度額を算出するので、今までのカードローンよりも良い条件でお金を借りれる可能性があります。

J.Scoreは年齢や職業、年収など通常のカードローンと同じように審査を行いますが、他にもライフスタイルや将来性など、様々な情報から信用力をAIスコアで算出します。

AIスコアは600点以上の点数が必要になりますが、ライフスタイルや将来性などの情報が多いほど、AIスコアが上がりますので、点数が高いほど条件が良くなる可能性があります。

たとえ点数を上げたいからといって、虚偽の情報を入力すると必ずばれますので、審査に落ちる原因となります。

ですので、低金利でお金が借りれたり、今までカードローンの審査に落ちていた方も通りやすくなると思います。

J.Score(ジェイスコア)の審査時間と審査の流れは?


J.Scoreの審査時間は仮審査で最短30秒、融資までも最短即日という早さでお金を借りる事ができます。

借り入れの申し込みを14時45分までに行うことができれば、申し込みしたその日に口座振込をしてもらえます。

ですが、申し込みが混雑している時間帯だと審査が長くなる可能性がありますし、土日の場合だと即日融資には対応していません。

J.Score(ジェイスコア)審査の流れとは?

J.Scoreの審査が行われる流れは以下のようになります。

  • J.Score(ジェイスコア)の公式サイトから申し込み
  • まずJ.Scoreの公式サイトでアカウントを作成してログインします。その後にAIスコア診断の質問に答えます。

    質問に答えると現在のAIスコア結果が表示されますので、AIスコアの点数が600点以上でれば、貸付利率や契約極度額が表示され、J.Scoreに申し込みする事ができます。

    もし、点数が600点を下回ってたり条件を良くしたい方は、スコアアップする事で貸付条件が変わります。

    AIスコア・レンディングは画面上に表示されている、生活、性格、ファイナンス、プロフィールなどの質問に答えていくと、点数が加算される仕組みになっています。

    メンバーシップのページで表示されているレンディングに納得できたら、「お申込み・審査状況確認」から申し込みします。

  • 仮審査
  • レンディング審査ではAIスコア診断の結果とあわせて行います。個人信用情報などの照会も行われますので、通常のカードローン審査と違いはありません。

    仮審査結果がメールで届くので、必要書類をスマホで撮影して提出します。

  • 本審査
  • ここから本審査へ移ります。この時に勤務先への在籍確認が電話で行われます。J.Scoreという会社名ではなく担当者の個人名で電話がかかりますので、職場の人にバレる心配はありません。

  • 本審査結果の連絡
  • 本審査に通ることができたらメールで結果が届きます。このままインターネットで契約手続きを完了すれば、J.Scoreからお金を借りる事ができます。

J.Score(ジェイスコア)は主婦やパートでも借りれる?


J.Scoreは満20歳~満70歳以下で安定した収入があれば、アルバイトやパートをしている方でも利用する事ができます。

安定した収入というのは、決まった収入が毎月ある事を指します。

ですので、アルバイトやパートなどで安定した収入がある学生や主婦の方なら、J.Scoreに申し込みする事ができます。

ですが、専業主婦や無職の方は安定した収入がないので申し込みすることができません。

またJ.Scoreでは総量規制がかかりますので総量規制の範囲内でしか借り入れできませんので注意して下さい。

J.Score(ジェイスコア)審査の必要書類と収入証明は?


J.Scoreの審査では必要書類の提出が求められます。

本人確認書類

本人確認書類は以下の中からいずれか1点を必ず提出します。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

運転免許証があれば基本的には問題ありません。

ですが、運転免許証を持っていない方は他の書類で対応する事ができます。

その中でも健康保険証は、氏名・生年月日・現住所が記載されている、有効期限内の物を用意してください。

個人番号カードは顔写真・住所などが記載されている表面を提出してください。通知カードでは本人確認書類として対応する事ができません。

外国人の方は以下の書類もあわせて提出してください。

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

パスポートだけでは本人確認書類として認められないので注意が必要です。

学生の方は学生証もあわせて提出する必要があります。

収入証明書

収入証明書はJ.Scoreの利用限度額が50万円を超えたり、他社と合わせて借入額が100万円を超える場合は、以下の書類からいずれか1点を提出します。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税通知書
  • 所得(課税)証明書

どの書類も前年度の直近分が必要になりますので保管しておきましょう。

J.Score(ジェイスコア)に申し込める人の資格は?


J.Scoreに申し込みできるのは、満20歳~満70歳以下の安定した収入がある方となっています。

勤務先が以下の方は安定した収入があると認められますので、J.Scoreに申し込みする事ができます。

  • 公務員
  • 自営業
  • 会社員
  • 派遣社員
  • アルバイト(フリーター)
  • パート

アルバイトやパートで安定した収入のある、学生、主婦、年金受給者、外国人の方でもJ.Scoreに申し込めますので、多くの方が利用する事が可能です。

ですが、無職や専業主婦の方は収入がないので、J.Scoreの利用はできません。

また、AIスコア診断で600点以上の点数がある方はJ.Scoreに申し込みする事ができます。

J.Score(ジェイスコア)で借りた人の評判は?


J.Scoreはその日の内に低金利で融資が利用できると評判になっています。

営業時間内であれば随時審査が行われるので非常に便利ですよね。

申し込みの前にはAIスコアで融資額と金利を判断できるのも評価が高いです。

ですが、虚偽申告をすると審査に落ちますので注意しましょう。

J.Scoreをすぐに利用する予定のない方でも、AIスコアだけを取得しておけば、急にお金が必要になった時に借りる事ができます。

他社のカードローンで断られてきた方でも、J.Scoreだと審査に通る可能性が高いのでおすすめです。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングのまとめ


いかがでしたか?

J.ScoreはAIを活用する新しい審査方法のローンとなっています。

AIを活用して算出したスコアの基準に基づき、金利や借入限度額が決まるので、自分にあった借入ができるんではないでしょうか?

また、スコアアップで金利が低くなったり借入限度額が増えたりと、より良い条件で借入できるチャンスがあると言うのは借入する側としては、大変うれしいサービスですよね。

それに、なんといってもみずほ銀行とソフトバンクによるサービスですので安心です。

J.Score (ジェイスコア)

smbc-gold_temp
J.Score_button


銀行カードローン審査ガイド > おすすめの銀行 > J.Score (ジェイスコア)の審査は厳しい?